上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ということで、久しぶりのレポートのネタです。

実は私、なかなかレポートも書けずに悩んでいました。
そしたら、こーるどくんが「アンタなら、これ書けるよ」といって、
地理学Ⅱの課題を見せてくれました。

内容は先日書いたとおりなので省略しますね。

そして、あまりの資料の少なさに、業を煮やして、
「鉄子」の私は、特急・あずさを飛ばして、現地に行きました。
そこは「長野県・富士見町」という一帯が富士見高原と呼ばれている、
すんばらしいところでした。

空気を文字で表現することの難しさ、
文学的歴史が刻まれているという事実、
かの竹久夢二の終焉の地でもあったということ・・・

でも、それを書いていると、文芸作品になっちゃう・・・

ということで、ターゲットを堀辰雄・風立ちぬ+美しい村に絞って、
必死に書きました。
旦那の情け容赦ないダメ出しで、思い切り凹んだけれど・・・
でも、提出しちゃえば、せんせーの評価待ち♪

そして・・・
1カ月ちょっとで返却されてきました・・・
評価は、評価欄のすべてが「A」でした。ぶいっ!!!

かいつまんで書くと・・・
「作品のなかにある風景を、作品側から当時と現在の対比をさせている。」
「場所と風景を、実際に歩いたことにより、鮮明に映し出している」
「清澄な空気と風景が切りだされている」
「それと病魔と諦めの風景が映し出されている」

ちょっと上手く書けなかったけれど、
ダメ出しの甲斐があって、
すんごく「そこを読んで欲しかったの」というところを、
添削のせんせーが読んでくださって・・・

めっちゃくっちゃ嬉しかったです。
さぁて、試験もがんばらなくっちゃ♪うふっ♪
スポンサーサイト
2009.09.06 Sun l 地理学Ⅱ l コメント (4) トラックバック (0) l top
つっついに、念願の「地理学Ⅱ」のレポートが上がりましたぁ!!!

旦那の5回のダメ出しにもめげず、頑張っちゃいましたぁ♪
おほほほほほほほほほほほ♪

まっ、ダメ出しの理由がですねぇ、『文学作品』そのものに、
二十数年来の感情移入+歪曲した思念を保ちつづけて、
「ほかの意見は一切聞かないぜぇい」というオーラ全開だったんですね、ハイ。
(めっちゃ恥ずかしいよぉ・・・うるる。。。)

でも、こーるどくんが、それを指摘してくれたおかげで・・・
「私って、ぜんぜん文Ⅲイケてないしぃ」なぁんて考えちゃったり・・・

もっとも、それを見越して・・・っつーか、こーるどくんが見越してくれたんで、
今年の夏スクは、すっかり「文Ⅰ」モードに入っていますけどね・・・えへへ♪

ということで、これで、頑張ってプリントアウトしたら、提出できます♪らん♪
2009.07.26 Sun l 地理学Ⅱ l コメント (0) トラックバック (0) l top
うむむ・・・

この課題は、自分にとって、かなりラクチンにできる・・・とタカをくくっていたのに・・・
浅はかでした、反省しております・・・しゅん。

ということで、お題です!
「日本または外国の文学作品について・・・・・・そのような作品をひとつ取り上げて、
場所や風景がもっている、作品の中の役割や影響について分析してください」ということで・・・
履修要項を読んでいっても、どっぷり泥沼にはいってしまって・・・

ついに、それを打破するために、その作品の舞台というか場所についての文献も、
ぶっちゃけないので・・・私、自らその地に足を運びました!
だって、こうでもしないと、レポートも書けないし・・・という言い訳で、

実は、今を去ること二十数年前から「この地は絶対に行きたい、いや行ってみせる」
というミーハー精神に則って、そのままの意識で乗り込んでしまいました。
日帰りのひとり旅です。
このスタイルが、旅のなかで、一番好きなんですよね。
勝手気ままに、歩いたり休んだり、留まったり・・・

その土地の清浄な空気につつまれて、おかげさまでリフレッシュ!
(あっ、霧雨が降っていたので、余計に臨場感ばっちりでした)

その後、我が家でレポートのダメ出しが三回・・・
明日、なんとか仕上げるつもり・・・
私は逆境にめげずに頑張りますよぉ!!!
2009.07.24 Fri l 地理学Ⅱ l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。