上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こーるどくんったら、めっちゃフランス文学にはまっていて・・・
ゴールデンウィークをぶっつぶして頑張りました、このレポート!

でも、だんだんフランス文学が好きになってきたといっている、
そんな以前のこーるどくんのご発言とは思えない・・・
ちょっと苦笑してしまう私なのでありまする。ハイ。

で、今日、レポートの結果が返ってきました、ぶいっ!
結果は「C」でした。すごぉーい!
一発でレポートをクリアしてしまいました。
苦労したとはいえ、めっちゃラッキーでした。
ありがとうございます。担当先生さま。

この勢いで、7月の試験も受験してしまいます。
よろしくお願いいたします。先生さま。まる。
スポンサーサイト
2009.05.28 Thu l 十九世紀のフランス文学Ⅰ・Ⅱ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ということで、私が無事に通過したこともあり、
「都市社会学」を勉強することを、こーるどくんにすすめました。

私、藤田先生のレポートのコメントに感銘を受けまして、
やはり、こーるどくんにも同じような感動を受けてもらいたいと思って・・・

で、今日、こーるどくんの結果が返ってきました。
なんと、ありがたいことに「A」という評価をいただきました。
藤田先生からも、あたたかいコメントをちょうだいして、
こーるどくん、かなり苦労してレポートを書いたかいがありました。

藤田先生ありがとうございました。
この勢いで、7月の試験を頑張る!と言っている、こーるどくんなのでした。
2009.05.28 Thu l 都市社会学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
うむむ・・・
我ながら不覚・・・
え?
最後の1科目のレポートを、この土日に仕上げる予定だったのに・・・
体調不良で書けなかったです・・・しゅん。

それはともかく・・・
こーるどくんは5科目、私、あげは4科目の受験準備をします。
今、はがきを書き終えたところです。
明日、外出するときに投函します。

さぁ、いよいよ7月試験まで1カ月!
みなさまぁ!!!
お互いに頑張りませう♪
2009.05.26 Tue l 通信教育のつぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
4月試験の結果が届いた、翌日、レポート結果が届きました。
結果は『C』です。
(はぁ、私の成績には『C』しかないのかしらん・・・)
評価は「論旨に統一感がない!」などと、めっちゃくっちゃに言われておりまして・・・

でもね、追加登録やら何やらをして、紆余曲折にめげなかった結果、
なんとか通過できたという、執念以外の何物でもないと思います。

さぁ、これで7月の試験を受験して、一気にクリアしますぞ!
みなさま、応援してあげてください!
お願いいたします!ハイ。
2009.05.22 Fri l 社会学(総合) l コメント (0) トラックバック (0) l top
これは、地学とまったくの逆!
レポートは、子供の作文で、あっさりと『B』でしたわぁ。
それに反して、過去問対策も、的を得ていなくて、
試験をボイコットしようか、どうしようかと悩んで、
これから先の科目を、どのようにして受験しようか・・・
そんなことを考えながら、いいかげんに受験教室へ・・・

でも、6問中2問を回答すればいいということなので・・・
なんと、教室に入ってから、ひとつのコラムを丸暗記。。。
(それすら、内容を覚えていないという・・・)
そうしたら、出題されているじゃないですか!
驚きましたよ、ハイ。

ということで、結果オーライ、そこだけあたって、
『C』という定位置の評価でございました。
・・・うーん。なんか私らしくっていいなぁ・・・
(あっ、不謹慎なのは承知です。お許しをぉ!!!)
2009.05.22 Fri l 都市社会学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
なんと!
何度もレポートが『D』を連発している、この科目!
めっちゃ信じられないのですが・・・
当日まで、受験をするかどうかを迷っていました。ハイ。

でも、せっかく資料もそろえたし・・・
たまたま、自宅のご近所の同士と、試験教室前でばったり出会って・・・
彼いわく「テキストやってれば、なんとかなりますよ」と教えていただいて・・・

それならば「とっとにかく試験だけでも受けてみるべっ!」と思って、
特攻状態で、教室の真ん中の一番前へ突っ込んでいって・・・
受験をしたら「ジャストミート!!!」という感じ。
本当に、出会ったKさんに感謝♪感謝♪

ということで、結果は『A』だったんです、これまた信じられないし・・・
・・・あとは、レポートを半年以内にGO!させねば・・・はぁ。。。
2009.05.22 Fri l 通信教育のつぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
さて、一方のあげですが・・・
「社会学史」はⅠ・Ⅱを受験。
(この日はしんどかったんですわ・・・資料が多くて(爆)!)

まっ、過去問もちらっと見ておいて・・・
「どーせ、持ち込み可だしぃ、なんとかなるんじゃないのぉ?」と、
実に緊張感のカケラもないまま、受験してしまいました。
ほかの受験した皆様、こんな私ですみません(汗)。。。

でも、これがびっくり!
試験結果は、両方の科目とも『B』でした。ハイ。
私にしては珍しく「中庸」でした、うーん、不思議な感覚です、うん。
まっ、結果オーライということで、よしとしましょ、えへへ♪
2009.05.22 Fri l 社会学史Ⅰ・Ⅱ l コメント (0) トラックバック (0) l top
これは、こーるどくんの渾身の力作!
めっちゃ燃えて、試験勉強をしていました。ハイ。

「こっこれだけは受かりたい」という執念は、どこかに通じたらしく、
結果は『B』でした。
こーるどくんの感想は・・・
「俺って、いっつも中庸なんだよねぇ、って、また今回もだしぃ・・・」と。
・・・あのなぁ・・・
ちゃんと試験を通過したんだから、もっと喜べっちゅーのっ!
っていうか、残念な結果に終わった人に失礼だしさぁ・・・うん。

ということで、この科目だけ、4月の試験で通ったんだから、
7月にリベンジを果たそうと、メラメラっと燃えている、こーるどくんなのであります。
(あれ?もしかして、HN変えたほうがいいかしらん、ぷっ♪)
2009.05.22 Fri l 二十世紀のフランス文学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こーるどくんは3科目・あげは4科目受験しました。
なんとも、情けないのですが、二人とも、こんなに沢山の科目を受験するのは初めてです!
(これで、4年目の学生ですからねぇ、私たちって・・・ぼそっ)

その結果!
こーるどくんは、一勝二敗!
(まっ、受験科目が難しいのばっかりでしたけれど・・・)
わたくし、あげは・・・
4戦全勝!!!
(わぁい♪べーリー・ウィナーですわぁ♪るん♪)
・・・さすがに、同じ屋根の下で、明暗が分かれてしまったので、
私も喜ぶに喜べず・・・

でも、ここでこっそり喜んじゃいます、ハイ♪
2009.05.22 Fri l 通信教育のつぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
1.人が「個人」の時と「集団」の時では、その行動はどのように違ってくるか、述べなさい。
2.②E.M.ロジャースが「再発明」概念を提出した経過について述べなさい。

という設問でした。ちなみに1.は必須、2.は①の設問と②の設問の二択でした。
めっちゃ難しかったですね、ハイ。
正直いって、両方の設問とも、ピントはずれに答えてしまいました。
でも、三井せんせーって、比較的やさしい系らしい・・・ということを期待しつつ・・・
(こーなったら、他力本願ですわ、ははは・・・)

とりあえず、初の心理学系科目に挑戦をしたという、ビギナーズ・ラックが来ないかな?
・・・と、早くもタナボタを期待している、あげなのであります、ハイ。
2009.05.22 Fri l 社会心理学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新・日米比較文化論(総論)
これは、2題ありまして・・・課題本も2冊。

一つは『黒船異聞』を読んで、なぜ日本は他の国ではなく、
アメリカに対して鎖国を解除し開国したのか。課題本の作者の考えを含めて、
考察しなさい。という主旨。

二つ目は『グレイト・ウェイヴ』を読んで、ジョン万次郎とハーマン・メルヴィルが、
課題本の作者が、なぜ「a Pacific man」といわれたのか。考察しなさい。

ということで、黒船・・・のほうは、正直にいって取り組みにくかったですね。
さすが課題本!!!って感じでした(汗)。
一方のグレイト・ウェイヴは、時間さえあったら、じっくりと読んで、
万次郎とメルヴィルの思想・行動の隅々まで読みつくしたいです。
そのくらい魅力的な本でした。

この2題で、それぞれ「2000文字以内」ということで、黒船…のほうは埋めるのに苦しみ、
グレイト…のほうは縮めるのに苦しみ・・・という妙なレポートでした。

果たしてこんないい加減な考えで書いたレポートで、合格するんでしょうか?
ということで、これまた、こーるどくんと一緒に、投函いたしました。
結果はいかに・・・
2009.05.07 Thu l 新・日米比較文化論(総論) l コメント (0) トラックバック (0) l top
十九世紀のフランス文学Ⅰは、ネルヴァルの「オーネリア」を読んで、
夢と狂気について考察しなさい・・・とのこと。

十九世紀のフランス文学Ⅱは、モーパッサンの「オルラ」を読んで、
狂気の描き方について説明しなさい・・・とのこと。

あのぉ・・・
読んでいたり、レポートを書いたりしている最中のこーるどくんから、
「実は似ているんだよねぇ、ⅠとⅡって」という感想が。

あらためて、こーるどくんに課題を聞きながら、こうやってUpしていると、
真面目に似ているのねっ、うん。

そうこうしているうちに、昨日、どしゃ降りのなか、投函したんですが、
「まだ幻想の世界にいるようだよ」というご感想ですって。。。

私もいつかは取り組むと思うんだけど・・・
なんか尻込みしてしまう気持ちは隠せないな・・・と思いました。
2009.05.07 Thu l 十九世紀のフランス文学Ⅰ・Ⅱ l コメント (0) トラックバック (0) l top
新入生のみなさま、ご入学おめでとうございます。

これから、私たちと仲間ですよぉ。
一緒に気楽に、でも真剣に、そして卒業を目指して頑張りましょうね!

このブログだけじゃなくて、ほかの人たちのブログにも、
グチやぼやきが満載!
でも、建設的なこともたくさん書いていくつもりですし、
実行もしていこうと思っていますので、
勉強のかたわらに、「あぁ、こんなヤツラもいるなぁ・・・」ぐらいの気持ちで、
このブログを覗いていただけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

こーるど・あげ
2009.05.01 Fri l 通信教育のつぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。