上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
さてさて、いろんな人から、いろんな話を聞かせていただきました。
悲喜交々、本当にいろんなことがあったでしょうけれど、

いよいよ明日で、Ⅱ期の総決算です。
悔いの残らないように、スタんばってくださいませぇ♪

今日、ウチの慶友会のKさんに会いました。

心身ともにタフな彼も、多少疲れているように見えたのは、
気のせいではなかった・・・っと思っています。

だからこそ、明日がⅡ期のラスト!
最後の力を振り絞って、ゴールしてください!

心から応援しています。
スポンサーサイト
2009.08.14 Fri l 慶友会のつぶやき l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

ファイトー
楽しいことは良いことですね

大変なことは ご苦労様です

どちら様も 明日に向かって 頑張りましょう
2009.08.15 Sat l メロメロ. URL l 編集
うんうん♪
そうだよねぇ、メロメロちゃん♪
地震のあとの余震、大丈夫?

とりあえず、みなさま。
Ⅱ期お疲れさまでした。

Ⅲ期は我が家も参戦いたします。
よろしくお願いいたします。
2009.08.15 Sat l あげ. URL l 編集
楽な気分でネ
朝晩の風は「風立ちぬ」の雰囲気になってきました。


三田の山はあげちゃんを優しく迎えてくれることでしょう。


お父さんは東館が建つ前のまぼろしの門(東門)からキャンパスに入るのが好きでした。
2009.08.16 Sun l good-autumn. URL l 編集
すぐⅢ期になるんだね…
仕組みがいまいちわかってないママで申し訳ないけれど(汗)、とにかく…頑張っている人、頑張る人、みんな頑張れ~~いっ!! w
2009.08.16 Sun l ゆうゆうママ. URL l 編集
お父さん♪
おっお父さん♪

なっなぜ「風立ちぬ」が大好きということがバレているんですかぁ???
あれ?
私、自分で言っていましたっけ???

「近代日本文学」レポートの先生に、解釈が間違っていると指摘されましたが・・・
『風立ちぬ、いざ生きめやも』という詩句が大好きなわたしです。
三浦友和・山口百恵の映画のときの解釈を覚えていて・・・
「風は立ち去った、さあ生きていこう!」という主人公のセリフが忘れられません。
お父さんの言ってくれたように、三田の山が優しく私を迎えてくれることを期待しています♪
ありがとうございます、お父さん♪

それと・・・今は近代化されてしまった、チャペルのような東門ですけれど、もう少し前のお父さんがくぐった東門を、私も通ってみたかったです。
2009.08.16 Sun l あげ. URL l 編集
ママさん、解説しませう♪
あのね・・・
夏のスクーリングって、Ⅰ期~Ⅲ期に分かれていて・・・

まず、Ⅰ期・Ⅱ期が日吉校舎で行われるの、7日間ずつね♪(日曜日はお休み!)

そのあと、事務局の移動という注釈のついたお休み+日曜日=2日間の休みがあって、Ⅲ期があるんだけど・・・

それは三田校舎で行われるのじゃ♪
期間は7日間。
それが終わると、慶應通信生の秋がやってきます。

ママさんも、ゆうゆうも、ハードな夏休みをすごしたみたいだから、(あっ、いつもあと一人のバンドマンを忘れちゃう…爆!)
秋はぼちぼちやっていってね・・・
あれ?
もしかして、ゆうゆうの修学旅行かな???
ひえぇええええええええええええ!!!







2009.08.16 Sun l あげ. URL l 編集
『風立ちぬ』と「まぼろしの門」
「風立ちぬ」は松田聖子のつもりで軽いノリでした。
でも、あげちゃんにとっては堀辰雄の『風立ちぬ』だったのですね。
お父さんがこの小説を読んだのは高校時代、今から45年くらい昔です。
透き通った、秋の高い空のような物語だった記憶があります。
「風立ちぬ いざ 生きめやも」は忘れられない章句です。


東館の階段を上ってから左手に行く石畳の坂があります。その途中に小さい門があります。
それが「まぼろしの門」です。
東館が建てられる前は現在の東館の処にありました。
移設したんですね。
従前はその門をくぐるとほぼ直線で旧図書館の前に行きました。現在ある階段よりも少し右です。そのつもりでみると形跡が残っています。


旧図書館の裏に行ったことがありますか?
旧図書館入口の右側から裏へまわります。
いくつかの石碑があります。
知っている人が少ない、とても良い場所です。
お父さんの秘密の公園です。
2009.08.16 Sun l good-autumn. URL l 編集
はい、お父さん♪
そうなんです。
私にとって、「風立ちぬ」は堀辰雄なのです。
終焉の地に今は記念館が建っていますけれど、
そこにも、10回近く一人で足を運んでいます。
しなの鉄道「信濃追分」から徒歩25分ぐらいのところにあります。
私が本を読み始めたきっかけが、風立ちぬでした。

それと・・・
うーん。
東館のほうって、どうしてもなかなかいかないので、
あまりイメージがわかないのですが・・・
旧図書館にいったとき、独特の雰囲気があって、
ピリッと緊張が走りました。
福沢先生の像のそばには、ひっそりと休憩所がありますけれど・・・そことは違いますか?

でも、お父さんが分かってくださって、
私はとっても嬉しいです。
ありがとうございます。
2009.08.16 Sun l あげ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://keiofutarikai.blog70.fc2.com/tb.php/160-571e79a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。