上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさま、おはようございます(*^▽^*)
とってもお久しぶりです(^_^)v
ぢつは体調がよくなかったり、三田キャンで勉強していたりして、
ブログの更新ができませんでしたぁ(^人^)

ということで、ついに今日は三田スク最終日!
イコール、2013夏スクの最終日です!
夏スクに参加された、すべての皆様、本当にお疲れさまでしたo(^▽^)o

講義に疑問を持ったり、講義についていけなくて脱落したり…
はたまた人間関係に翻弄されたり…
という、ネガティブな問題があった方もいたと思います(><;)

そのなかでも、尊敬できる先生に出会えたり、
大切な仲間とのかけがえのない交流があったりo(^▽^)o

正直な話、私も人間関係に翻弄された一人だし、
講義そのものを放置寸前まえ行った人間です(→o←)ゞ

でも、そのなかで、7年経った今でも、キャンパスで会うと
「やぁ、久しぶり!元気でおったか?」っていってくれる仲間がいる。

なにも大げさに言わなくても、ご飯デートにさそってくれて、
ただ、自分の受けているスクの話しをして…
それでも、心のなかに暖かいものが通じ合う仲間もいる(*^.^*)

これは本当に貴重です。
40歳も半ばになって、こんな新しい出会いがある。
そのことに本当に感謝です( ´艸`)

もちろん、講義の中身も大切。そのために時間もお金も使っている。
だからこそ、その一分、一分も汲み取っていきたい。
私はそんなスタイルで、夏スクも夜スクも参加しましたo(〃^▽^〃)o

なにが言いたいかというと、やっぱりスク仲間。
そして、もし、慶友会との交流があるならば、
初対面の方は、見学をするとよいかと…しかも、複数の(o^-')b
自分のフィーリングに合うかどうかを見極めるのも大切。

夜スクや地方スクでも、同様のことがおきると思います。
でも、メインはやっぱり夏スク!
なので、ご自身の慶應通信に求めるものを大切にしてくださいませぇ(^-^)/
それには、夏スクは貴重な時間と財産になると思いますp(^-^)q

くどくどいいましたけれど、夏スク参加のみなさま、本当にお疲れさまでした(^O^)
そして、お仕事や体調、その他の理由で参加できなかった皆様、
夜スク、地方スク、慶友会、SNS等を利用して、情報を掴んで、
卒業や自己啓発等の目標に向かって、一緒に頑張りましょうね(‐^▽^‐)
(長文でゴメンなさぁい(^_^;))
スポンサーサイト
2013.08.26 Mon l スクーリング l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

8月も、もう終わりですね。
9月に向けて、卒論読み直しをしています。まだまだです。あげちゃんまた、ご一緒しましょうね。
2013.08.28 Wed l かつ子. URL l 編集
かつ子さんへ
こんばんはぁ♪
コメントありがとうございますぅ♪

う〜ん…夏の間のお孫さんのお世話、お疲れさまでした☆
あげは、体調の波が激しくて、どうも先に進みません…
それに、暗記ものはこのところやっぱりできなくて…

ということで、愚痴をいっても始まらないんですけど、
お互いに来月の試験、がんばりましょうね☆
2013.08.28 Wed l あげ. URL l 編集
うらやましい
うらやましいと思っていましたが

>正直な話、私も人間関係に翻弄された一人だし、

>慶友会との交流があるならば、
初対面の方は、見学をするとよいかと

>しかも、複数の(o^-')b

>自分のフィーリングに合うかどうかを見極めるのも大切。


やっぱり、簡単には大切な仲間に出会えるわけないですね?
本当に、よく分かりやすいです。


簡単に寄ってきたり、個人情報を聞く方って
セールス?
宗教勧誘?
セクハラ?
引き抜き?

仲間になりたいと思える方ほど、
初心者でなく、その会にきちんと定着?骨を埋めてる?

そうか、欲しい人材は
スタッフがほっときませんもんね???


何年たっても、あっちフラフラ、こっちフラフラ
ほど、裏で何か、他の目的があって参加されてる感じ


ブログの情報なんて、信用できなかったり、勘違いしたりは
通学生も、通信生も、一緒ですね
(だから同じ証書をもらええる)

おかげで、ある程度の
大切な仲間のつくり方が分かりました。



勇気を出して一歩、足を踏み入れてみようと思います。



2013.09.29 Sun l 大切な仲間. URL l 編集
大切な仲間さまへ
ご返答が遅くなり、大変申し訳ございません。
一重に私のブログチェックの甘さからくるものです。
重ねてお詫びを申し上げます。

さて、大切な仲間…そう、本当にこの言葉を言えるまでに、
かなりの時間がかかりました。
そして、未だにかなり不愉快な目にも遭遇しています。
でも、それよりも、仲間が私をここまで育ててくれた、
その恩の積み重なりがあまりに多いので、嫌なことを見ずに、
この、慶應通信での仲間を、これからも大切にしていきたいです。
また、気が向きましたら、いつでもお気軽にお越し下さいませ。
2013.10.03 Thu l あげ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://keiofutarikai.blog70.fc2.com/tb.php/402-d51c10cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。