上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2014年5月の或る日。
またまた気まぐれな私の、ある思いつき!
初夏に関する方々のことに想いを巡らして…

「五月の風をゼリーにして持ってきてください」と
言われた方や、初夏が大好きな方。
…先の方は立原道造。後の方は堀辰雄。
そ。私の卒論に関する、大切な方なのです。

さらに先立ち、ウチの旦那さまから
「卒業したからって、ぼけっとしてないで」
「もう少しちゃんと勉強しなさい」と。
…ハイ、おっしゃるとおりです…

そんなわけで、国家試験とワタクシごとの勉強の、
二足の草鞋を履くことになったのですが、
もちろん、大変なことなので、つい…
卒論で書けなかった、立原のことに夢中になり、
部屋には異様なスリーショットが( ̄□ ̄;)!!
15.jpg
そして、この一番上にある、須藤松雄の本に促され、
ついに修学旅行を敢行することを決意いたしました。
脳裏には室生犀星の軽井沢の庵も張り付いて…
さらに、頭のなかには、このような景色が…
14.jpg
24.jpg
ということで、六月某日に出発してしまいましたf^_^;

スポンサーサイト

2014.07.17 Thu l 慶應通信・卒業後 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://keiofutarikai.blog70.fc2.com/tb.php/427-2183ec93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。