上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
課題を書こうとしたけれど、正直なところ、長文すぎて意味が分からないので割愛します!

で、何を書こうとしたのかというと・・・
あっ、レポート結果ですな、ハイ。
この空気読めますか?ふふふ。。。
ハイ!そこのあなた!よく分かりました!
正解は「D=デラックス」でございます。しかも2回目!!!
決して「デトックス」ではございませんです。あしからず。

そして、評価欄の講評を読むと・・・
「今一度、本レポートの課題を確認していただきたい。」
「他の思想家の論を参照にするより、まずは3つの観点についてきちんと論述してほしい」
「結果的に何を根拠に、どのような点においてプラトンの教育思想を肯定的に評価しているのかが、
あいまいである」

うーん。
なんと申し上げてよいのやら・・・
こーるどくん自身、結構喜んで課題に取り組んでいたんですが・・・
ここまで落とされると、さすがにイジけているようで・・・
「俺、もう教育ってつくもの(科目)やらない!」とまで言っています。

でもね・・・
昔の人は言っているじゃないですか。「好きこそものの上手なれ」って。
まっ、時期を見計らって再トライすると思われますが・・・
とりあえず、今は放置するそうです、ハイ。
スポンサーサイト
2009.01.17 Sat l 教育学 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://keiofutarikai.blog70.fc2.com/tb.php/76-17b566df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。