上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
参考図書 藤田弘夫『奥井復太郎-都市社会学と生活論の創立者-』を読んで、
その感想を書きなさい
という設問。
と、もう一問(一冊)の2択から、ちゃんと書いた方を選択して書きました。

でも・・・
はっきりいってしまえば、私が結婚してからの、
数回に渡る転居に伴い、それぞれの町内会での関わりを、
文字通り「感じたまま」を、子供の作文の如き書いただけでして・・・

文字数こそ5500文字を超えるぐらいでしたが・・・
内容は「ナイヨウ」というダジャレがでてしまうぐらい、お粗末でした。

しかし!しかし・・・
丁寧なとても丁寧な講評が書かれてありまして
・・・感動いたしました。

「B」評価でした。
F先生、ありがとうございました。

私、レポートを無事に通過いたしましたので、
きっちり4月の試験にむけて、勉強をいたします!ハイ!!!
スポンサーサイト
2009.03.28 Sat l 都市社会学 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://keiofutarikai.blog70.fc2.com/tb.php/95-62a19c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。